トップ > 阪急交通社 > トラピックス(trapics)



トラピックス(trapics)とは?

阪急交通社を代表するブランドがトラピックス(trapics)です。あちこちに新聞広告を行って集客を行う大量販売型のツアーで、格安ツアーとしてよく知られています。

格安とはいえ、ツアー日程はよく練られているものが多く、旅行者が「ここだけは行っておきたいな」と思うようなポイントを上手に入れこんだ「いいとこどり」ツアーは得意技。海外ツアーではヨーロッパに強く、特にスイスツアーでは圧倒的な存在感を示しています。

国内ツアーでも北海道や沖縄の激安周遊ツアーが人気。また、「食べ放題」も得意で、カニや甘エビ、フルーツなど、いろんなバリエが豊富。旅行者ニーズに応えた商品を開発して、大量送客で激安価格を実現しています。

広告



トラピックス(trapics)の口コミ、評判、感想

ツアー内容に関しては、3つの意見に分かれます。「お得」「安いからこんなもん」「ツアー内容が安っぽくてがっかり」。おそらくこの3つの意見はどれも正しいでしょう。

たとえば、ヨーロッパツアーでももっとも人気が高いといわれる「ヨーロッパ周遊コース」は、わずか8日から10日間で英独仏スイスの4カ国を回ってしまう効率の良さ。なかにはリヒテンシュタインまで加えて「ヨーロッパ5カ国大周遊」なんてプランまであり、これらの国の主要な見所を全部回ってしまう上に、食事も全部ついています。

それでいて値段は安く、このプランは間違いなく「お得」です。しかし、移動時間が長く、満席のバスに乗りっぱなし、ホテルも郊外で、食事の味も今ひとつ。となると、「安いからこんなもん」という声も多くなります。何度か海外旅行をしたことのある人なら、「ツアーの内容が安っぽい」と嘆いても不思議はありません。

国内ツアーでは、北海道や沖縄の周遊が人気です。これもバスに乗って名所を見て回るタイプが多いのですが、移動時間が長く、やっと着いたお目当ての水族館の入場料が別料金だったりすることもあります。ツアー内容にはくれぐれも確認しておきましょう。

また、激安ツアーに付き物なのは、途中の土産物店への立ち寄り。トラピックスも例外ではなく、道中で必ずといってもいいほど土産物店に寄ります。それもツアーの値段のうちなので、ご承知を。1日にせいぜい2カ所程度なので、トイレ休憩と思えばそれほど気にならない、という声も。

トラピックス(trapics)の総合評価

トラピックスの特徴は、添乗員付きのツアーを格安で提供していることです。これについては、旅行初心者からリピーターまで、「パッケージツアー好き」の間で一定の支持を得ています。

「値段が安い」というのはとても大事なことで、この値段でこれだけのツアーを実施できる会社は、それほど多くはありません。そもそも「添乗員付き」ツアー自体が減少しているので、それを手頃な値段で大量に供給していることは評価されていいいでしょう。

とはいえ、内容はやっぱり「格安ツアー」の域を出ない、というのも正直なところ。ホテルや食事の質で厳しい評価をする人も少なくありません。

トラピックスはファンも多いですが、不満の声も多いツアーです。それは結局、「値段相応のツアーであって、高品質のツアーではない」ということを、利用者がどう受け止めるかにかかっていると思われます。安いのですから、ある程度は我慢するつもりで参加すれば、楽しい旅になるでしょう。「こんな安いツアーで、文句を言う人が信じられない」という醒めた声があるのも事実です。

阪急交通社・国内ツアー
阪急交通社・海外ツアー

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。