トップ > 阪急交通社 > クリスタルハート (Crystal heart)



クリスタルハート (Crystal heart)とは?

「クリスタルハート」は、「トラピックス」よりワンランク上のツアーのブランドです。海外ならビジネスクラス、国内ならグリーン車などを主な移動手段に使い、宿も一流ホテルや高級旅館に泊まります。

ただ、ツアー内容はどこか「トラピックス」の色が残っていて、周遊型は「いいとこどり」の名所をぐるりと回るものが多いです。スケジュールも若干ゆとりはあるものの、やっぱり忙しい日程です。また、ホテルに関しては「上の下」くらいが多い、という印象。ものすごい高級ホテルには泊まりません。要するに、「高級ツアー」といえる内容ではありません。

そのためか、値段も目が飛び出るほどではなく、普通のツアーよりも「ビジネスクラス」「グリーン車」の分だけ高い、という程度。「トラピックスに疲れたので、ちょっとお金出して、移動と宿くらいはワンランク上げたい」という人がターゲットのようです。位置づけとしては「格安ビジネスクラス旅行」「格安グリーン車旅行」とでもいいましょうか。格安ツアーのグレードアップ版といえるかもしれません。

広告



クリスタルハート (Crystal heart)の口コミ、評判、感想

「トラピックスに比べると快適。でも、高いお金を払っているんだから、という気持ちで参加するとがっかりする」。クリスタルハート参加者の口コミを集約すると、こんな感じになります。あくまでもトラピックスを少しグレードアップした程度のツアーなので、「高級ツアー」とは違うということを理解しないで参加すると、損した気分になるかもしれません。

クリスタルハートのツアー代金は、たとえばヨーロッパにビジネスクラスで行っても50万円程度。JTBのビジネスクラス旅行に比べると、おおざっぱにいって10万円〜20万円は安い印象です。「要するに格安旅行の延長で、ビジネスクラスを使っているだけ」というのが代表的な声といえます。

国内については、なぜか「クルーズ」と題してフェリーの上級船室に泊まるツアーが目立ちます。東京からグリーン車で大阪まで行って、そこからフェリーのデラックスルームで鹿児島へ…、というツアーまでありました。飛行機に乗ればひとっ飛びのところを時間をかけて行くわけで、まさに「ゆとり」。これは一定の人気があるようです。ただし、「フェリーに乗るのをクルーズとは言わない」という冷たい意見もありました。まあ、そこまで言うなら、参加しないほうがいいと思いますが…。

クリスタルハート (Crystal heart)の総合評価

ツアーとしての立ち位置は微妙です。内容を見る限り「高級ツアー」というには物足りず、かといって「普通のツアー」ではありませんし、もちろん「格安ツアー」でもありません。強いて表現すれば、「格安ツアーのバージョンアップ版」といえるでしょう。ただ、この立ち位置はわかりにくいですね。

阪急交通社としては、「ビジネスクラスやグリーン車の旅をもっと手軽に」というコンセプトがあるように思えます。そのコンセプトは素晴らしいと思いますが、値段の絶対額は安くないので、客としては「安いから仕方ない」という意識が消えてなくなってしまいます。かわりに、「高い金を払っている」という意識になりがちで、そうした意識が利用者の満足度を下げているのではないかと心配です。

「より高い満足度を得られる旅をご提案いたします」というのが阪急交通社のクリスタルハートのキャッチフレーズ。利用者のほうも、「値段に見合うサービスが受けられるかどうか」を検討した上で、参加するといいでしょう。

なお、本当の高級旅行を体験したい方には、阪急交通社には「ロイヤルコレクション」というブランドがありますので、そちらをどうぞ。

阪急交通社・国内ツアー
阪急交通社・海外ツアー
阪急交通社・ビジネスクラスツアー

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。