旅行会社の口コミ、評判、感想を集めたサイトです。

旅行会社研究所

impresso(インプレッソ)とは

impresso(株式会社エイチ・アイ・エス)

impressoは、H.I.S.の添乗員が同行する周遊型パッケージツアーの定番ブランドです。あらかじめ食事や観光が組み込まれています。設定されているのは主にヨーロッパ方面で、その他に中東、北中南米、オセアニア、インド方面があります。中国や東南アジアといった近距離ツアーの設定はほとんどありません。

impresso(インプレッソ)の特徴とツアー内容

インプレッソは、H.I.S.の添乗員付き海外ツアーのブランド名です。H.I.S.のイメージからか「格安ツアー」と想像されている人も多いのですが、impressoは特に格安というわけではありません。むしろ「品質重視の定番ツアー」と表現したほうがいいでしょう。

コース設定も「定番の見どころを回る」ものが多いです。日程も標準的で、超有名観光地をしっかりたどっていきます。

H.I.S.ならではの特徴といえるのは「自由行動が多い」ことや、「帰国便延長」が可能な点(一部ツアー除く)。ツアーにもよりますが、自由時間の多いツアーで帰国便延長まですれば、旅行中の半分以上を自由行動にすることも可能でしょう。

そこまでいかなくても、フリータイムが多いツアーを選べば、「添乗員付き」のメリットを活かしながら自由旅行が楽しめます。ぎちぎち日程の「団体旅行」だと疲れると感じる人や、ツアーを終えて、もう少し滞在したい、という人には帰国便延長は便利でしょう。

添乗員は比較的「しっかりしている」という感想が多いです。

impresso(インプレッソ)の口コミ、評判、感想

impressoの立ち位置は微妙です。前述したように、impressoは激安を追求したツアーではありません。「JTB 旅物語や阪急交通社トラピックスのツアーよりは格上」という感想もありますし、実際その通りでしょう。

最小催行人員も15名程度が標準的で、少なくはありませんが、驚くほどの大人数のツアーでもありません。人数が集まりすぎたときは、2班に分けることもあるそうですから良心的です。

料金表示は燃油サーチャージ込みで、最近は飛行機の並び席格安のツアーも増えています。このあたりからも、一定品質を確保している様子もうかがえます。

ただし、ルックJTBなどと比べるとホテルの質は落ちますし、往復の飛行機も決まっていないケースもあります。また、8日間程度の日程で、2~3カ所は土産物屋に寄ったりします。「この程度は許容の範囲内」という感想が多いですが、「土産物屋に立ち寄るのが大嫌い」な人は注意しましょう。

impresso(インプレッソ)の評判まとめ

まとめると、激安でもなく高品質というわけでもない、ほどほどのツアーがimpressoといえます。自由旅行の要素も入れ込んでお手頃価格に落とし込むあたりがH.I.S.的です。

庶民には使いやすいツアーだと思いますが、最近の世の中は「激安」か「高級」の両極端が好まれます。それがimpressoが今ひとつメジャーになりきれない理由なのかもしれません。

総じて、ほどほどの値頃感で、ゆったりとした日程を求める人には向いている旅行ツアーです。

H.I.S.インプレッソ
H.I.S.海外ツアー
H.I.S.海外ツアー(関西出発)

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP