トップ > JTB > ルック JTB



ルック JTBとは?

 JTBの海外旅行ツアーの定番ブランドが「ルックJTB」です(LOOK JTBと書くこともあります)。日本を代表する海外旅行ブランドの一つで、そのぶん「値段が高い」というイメージがありますが、そうとも限りません。ルックJTBの扱うツアーは幅が広く、高いプランから手頃なプランまでさまざまです。「パンフレットを見てみたら、イメージよりも割安」という声もよく聞きます。

広告



ルックJTBの特徴とツアー内容

ツアーの内容は幅広く、ビジネスクラス利用の豪華版から、オーソドックスな添乗員同行、はてはフリーツアーまでさまざま。JTBの数ある海外ツアーのなかでも、「並び席」「航空便の指定」「ホテルの指定」「往路に空港ラウンジ利用」「少人数での催行保証」など、厳しい条件をクリアしたツアーだけが「ルックJTB」となります。

多くのプランが「専任添乗員同行」の添乗員付き周遊プランです。ホテルも中級から高級クラスが多く、その質には定評があります。ただ、これもツアーの値段設定によりますので、「ルックJTBだからいいホテル」とは限りません。ツアーごとにきちんとチェックしましょう。

学生を対象にした18歳〜25歳限定の「ガクタビ」や、ほとんどが自由行動となる1都市滞在型のツアーなどもあります。これらは添乗員は付かず、現地係員の対応になるものもあります。

ツアーの最小催行人員は少なめです。したがって、人数が集まらないから中止になる可能性は比較的小さく、ツアーの人数もそれほど多くなりません。

ルックJTBのツアーは、JTBの店頭で説明を聞いて申し込むというのが主流でしたが、ツアーのオンライン予約が増えてきたため、現在はオンラインでの販売も増えています。

ルックJTBの商品革新と独自の旅程保証金制度

ルックJTBは、2010年度商品より、「商品革新」と題する改革が行われました。具体的には、航空会社・便名・ホテル指定、並び席確約などの、「確定度」を大幅に向上させるというものです。また、強制感のあるショッピングも全廃しました。これまで見えにくかった旅行の中身を、事前にパンフレットで明示しています。

あわせて、ルックJTB独自の旅程保証金制度も新設しています。事前に明示した旅程が実現できなかった場合に、返金する基準を明示したということで、これは画期的といえます。

また、すべてのツアーが「燃油・サーチャージ込み」で価格表示されています。これはH.I.Sに追随したものですが、非常に良心的な価格表示といえます。

ルック JTBの口コミ、評判、感想

添乗員付きの周遊ツアーは、「定番の見どころをしっかり回る」というコース設定が多いようです。日程はややゆったり目が多く、激安ツアーにありがちな移動ばかりのツアーは少なめです。いっぽうで、「値段は高いが、内容は他の会社のツアーとそう変わらなかった」という声もあります。同じ場所を同じような日程で訪れたら、同じような中身にならざるをえないのでしょう。

添乗員の質には定評があり、「しっかりしている」という感想が多いです。ただ、「添乗員がベテランだったけれど慇懃無礼」という声もありますし、「融通がきかない」などという苦情もちらほら。ベテラン添乗員ほど「その場しのぎの客あしらい」が上手なことがあり、それが後の不評につながっているようです。ただ、どうしようもないダメダメ添乗員は少ないようです。

カウンターのスタッフも比較的よく教育されていて、一般的には「有能な人が多い」「きびきびしている」といった肯定的な意見が多いです。ただ、やや厳しめの意見も多く、一番多い指摘は、「旅行業界最大手なのに、スタッフは知識不足」というもの。JTBともなると扱う範囲も多いうえ、利用者の要求水準も高いもの。これに対し、若いスタッフの知識が追いついていない様子がうかがえます。

「多様な旅行商品のすべてが頭に入っているスタッフなどいない。でも、知識がなくても有能な人は有能で、無能な人は無能」とは、JTBの永年の利用客の言葉です。どんくさいスタッフも確かにいますので、その場合は時間を変えてまた訪れるといいかもしれません。大企業の無能なスタッフは、いざというとき「責任逃れ」をしがちなので、注意が必要です。

JTBに限りませんが、不評なのがトラブル時の対応です。「旅行先で暴動が発生して、旅行中止になった。このときの担当者の対応が誠実でなかった」「現地で事故が起きた時、柔軟な対応がなされずにずっとバスで閉じ込められた」などなど。このあたりは、スタッフが「自分の失点にしたくない」という気持ちがあり、客の目線に立つよりも企業の論理を優先させる、という側面があるように思えます。これは大企業にありがちな問題点かもしれません。

ルック JTBの総合評価

激安ツアーとは一線を画し、「一定水準のツアー内容を保障しよう」というのがルックJTBといえます。ただし、扱うツアーがあまりにも多く、各ツアーの性格も幅広いので、「ルックJTBだから品質が一定とは限らない」ということは忘れないようにしましょう。

ツアーの最少催行人員が比較的少なめなのはプラスのポイントです。お客としては、お金を支払ったのに催行されないで返金される、というのが一番腹が立ちますから、そういう可能性は低いといえるでしょう。また、最少催行人員が少ないということは、少人数のツアーになりやすい、ということですから、大グループを嫌う人には向いています。

一方で、ルックJTBは不評のコメントが多いツアーでもあります。ただ、それは、「JTBという大企業に期待していることが大きいぶんだけ、期待に反していた場合の失望も大きい」ということかもしれません。旅行商品ですから、客の期待通りにいかないことはよくあることです。

一言でいうと、「一定の品質は確保しているが、最高品質とは限らない」のがルックJTBではないでしょうか。

JTB・国内ツアー
JTB・海外ツアー

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。