トップ > JTB > 格安航空券・海外ホテル



JTB海外航空券、海外ホテル(旧トルノス)とは?

JTB海外航空券、海外ホテル(株式会社i.JTB)
「JTB海外航空券」「JTB海外ホテル」は、海外旅行用の格安航空券、海外ホテル、現地ツアー、レンタカーなどを予約できる海外旅行予約サイトです。かつては「トルノス」という名称でしたが、2013年3月28日より、JTB本体サイトと合併し、「JTB海外航空券」「JTB海外ホテル」「JTBダイナミックパッケージ」となりました。内容は変わっていません。ここでは、これらを「旧トルノス」と総称し、そこに含まれた内容を解説します。

旧トルノスが他のサイトと異なるのは、リアルタイムで空席状況がわかり、オンタイムで予約、支払いができることです。

とくに、格安航空券(包括旅行運賃)に関しては、ほとんどの海外旅行予約サイトは「空席照会→フォームで空席確認→メールで返答→予約→決済(支払)」の手順を踏みますが、旧トルノスはオンラインで空席照会ができるので、いきなり「フォームで予約→そのまま決済」ができてしまうという優れものです。

海外航空券とホテルを組み合わせた「ダイナミックパッケージ」もオンラインで予約・即時決済可能。すべてがオンライン、オンタイムで済んでしまう数少ないサイトです。

JTBのサービスですが、運営は アイドットジェイティービー(i.JTB)という関連会社が行っています。

広告



JTB海外航空券、海外ホテルの口コミ、評判、感想

JTBの海外格安航空券、海外ホテルの予約サービスは卓越していて、いままで旅行会社に依頼していた手配を、すべて自分できてしまうという優れものです。旅慣れた人にとっては、これはとてつもなく便利。そのため、旅慣れた人からは、肯定的なコメントが多いです。「値段、航空会社、時間などを総合的に比較できてよい」「空席があるのかがすぐわかるので、予約しやすい」「自分の思い通りのスケジュールが作れる」「出発間際でも取りやすい」「サイトが見やすい」といった意見です。

一方で、「サイトが重い」「使いにくい」といったシステムに関する不満はある様子。また、文字入力間違いや日にちの間違いによる予約ミスなども全部自己責任。「気をつけないと間違えそうで怖い」「決済した瞬間にキャンセル料がかかるので注意が必要」などの意見もありました。

評判がいいのがダイナミックパッケージです。「決済後キャンセル不可」の航空券も、ダイナミックパッケージに組み込むことで「キャンセル可」のプランになります。パッケージツアーは「キャンセル不可」としてはいけない決まりになっていて、キャンセル規定も厳密に決められているので、こういう仕組みになるのです。これはちょっとした裏技ですね。

このように、旅行業界や航空業界の仕組みを知っている人には、評判がいいサイトです。いっぽう、「決済してもメールが送られてくるだけ」「郵便で何か送ってくるのかと思ったら、何も送ってこない」「出発直前メールもない」などと、素っ気のない対応に驚きの声も。運営がJTBだけに、もう少し手厚いフォローがあってもいいのではないか、との意見もあるようです。ただ、電話で問い合わせたらきちんと応えてくれるようで、「必要な顧客対応はしている」との冷静な分析も。

気になる航空券やホテルの価格ですが、「高くもないが安くもない」というのが一般的。いっぽう「他社で取り扱ってない包括運賃の格安航空券が安く売っている」との話もあります。ツアーを多数主催しているJTBだけに、独自の格安チケットを持っているのかもしれません。

JTB海外航空券、海外ホテルの総合評価

PEX運賃の即時予約、決済ができるサイトは世の中にいくらでもありますが、包括旅行運賃も含めたすべての格安航空券の即時予約、決済ができるサイトは、多くはありません。

「包括旅行運賃って何?」っていう方もいるかと思いますが、そういう人にはあまりこのサイトはおすすめできません。航空券の基本的なしくみを理解している人には、非常に便利で使いやすい画期的なサイトですが、旅の初心者が使いこなすにはちょっとハードルが高いからです。表示された航空券が、自分にとって本当に安くて便利なものなのかを、自分で判断できる人だけが利用していいサイトでしょう。

また、予約したらメールが数通くるだけで、郵便で何かを送ってくれるわけではありません。直前に「行ってらっしゃい」の連絡が来るわけでもありません。決済が終われば、あとは自己責任です。そのため、不慣れな人は「本当にこれで旅行できるの?」と不安に思ってしまうこと間違いありません。そんなことが気にならない人には、おすすめのサイトです。

JTB海外航空券
JTB海外ホテル

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。