トップ > JTB > エースJTB



エースJTBとは?

JTBの国内旅行ツアーの定番ブランドが「エースJTB」です(ACE JTBと書くこともあります)。日本を代表する国内旅行ブランドの一つで、そのぶん「高い」というイメージがありますが、そうとも限りません。エースJTBの扱うツアーは幅が広く、高いプランから手頃なプランまでさまざまです。「お得に選ぶシリーズ」など、格安系のプランもあるほどです。

ツアーの内容は「添乗員付プラン」「フリープラン」「宿泊プラン」に大別できます。

添乗員付きプランは高級ホテルが主体です。飛行機や新幹線、寝台列車を組み合わせたプランもあり、「安さ」よりも「旅のバリエーション」にこだわっている作りが特徴といえるでしょう。

フリープランは、往復の航空券・列車チケットにホテルを組み合わせたもの、宿泊プランはホテルの宿泊予約のみです。どちらも閑散期には、自分で手配するより安く旅をすることができるでしょう。いっぽう、お祭りなどのイベント時にも宿の部屋をしっかり確保してあるので、繁忙期に自分で切符やホテルを手配できなければ、頼ってみるのもいいかもしれません。

広告



「日本の旅情」、「Dear Nippon」、「日本の四季」、「全国共同運行バス」

エースJTBの中にもシリーズがあります。代表的なのが「日本の旅情」、「Dear Nippon」、「日本の四季」「、全国共同運行バス」です。
「日本の旅情」は高級ツアーで、最大申込人員を22名以下に絞っています。この人数ですと、バスでも2席使えるケースが多く、かなり楽な旅になるでしょう。

「Dear Nippon」は、通常よりワンランク上のツアーで、「高級とまではいわないが外れの少ないツアー」といえます。個人参拝できない寺の訪問や酪農体験など、個人の旅ではできない体験をを盛り込んでいることもあります。

「日本の四季」は、文字通り季節感を意識したツアー。

「全国共同運行バス」は、各地からのツアー客が集まって、現地添乗員の同行のもと周遊ツアーを行うという仕組みです。最大手のJTBだからこそできる手法で、ツアーの最小催行人員が1〜2名でもOKというメリットがあります。

エースJTBの口コミ、評判、感想

添乗員付きプランは、「他のツアーとはちょっと違う」を狙った設定が多いです。個人では行きにくいところをコースに入れたり、宿がワンランク上だったり、お祭りの観覧席を確保したり、といったことです。そのため、値段はやや高め。ただ、「個人旅行で行くのに比べて極端に高いわけでもなく、値段は合理的」という意見もあります。格安ツアー全盛の時代ですから、それに比べると高く見えますが、じつはそれほど高価というわけではありません。

ただし、「ゴールデンウィークやお正月といった繁忙期の設定価格は驚くほど高い」との声も。この時期は個人では予約が取りにくいため、JTBも強気なのでしょう。

同じ「エースJTB」といっても、フリープランはそれほど高くありません。「エースJTBなのに、福岡2泊で2万円台とかびっくり」との声も。フリープランはツアーのような独自性を出しにくいので、必然的に値段勝負!となるのでしょう。

また、「JTBのフリーツアーは飛行機の割増料金が安い」という評判はあるようです。中小旅行代理店のフリーツアーは、早朝便などの利用は激安ですが、使いやすい時間帯の飛行機の割増料金が非常に高いのですが、JTBは割増料金が比較的安いのです。「結局、利用しやすい時間の飛行機で選んだら、エースJTBのほうが安かった」との声も。

ただ、「きれいなパンフレットのプランは割高」というのが一致した声。薄くて2色刷り印刷のパンフのプランを選べば、お得に質の高い旅ができるようです。

エースJTBの総合評価

激安ツアーとは一線を画し、一定水準のツアー内容を保障しよう、というのが「エースJTB」といえます。ただし、扱うツアーが多く、各ツアーの性格も幅広いので、「エースJTBだから品質が一定とは限らない」ともいえます。

ただ、この「いろんなツアーがある」のがエースJTBのおもしろさといえます。飛行機や列車やバス、レンタカーを自在に組み込めるツアーなどもありますので、自分の思い通りの旅をすることができます。格安ツアーは「お仕着せ」といえますが、エースJTBはこうした「お仕着せ」ばかりではなく、進化したツアーといえるでしょう。

また、ツアーの最少催行人員も比較的少なめなのはプラスのポイントです。「全国共同運行バス」は、ツアーの最小催行人員を限りなくゼロ近づけたアイデアで、業界最大手のJTBだからできる方法といえるでしょう。

一方で、エースJTBは不評のコメントが多いツアーでもあります。ただ、それは、「JTBという大企業に期待していることが大きいぶんだけ、期待に反していた場合の失望も大きい」ということかもしれません。旅行商品ですから、客の期待通りにいかないことはよくあることです。

ルックJTBと同様、「一定の品質は確保しているが、最高品質とは限らない」のがエースJTBではないでしょうか。

JTB・国内ツアー
JTB・海外ツアー

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。