旅行会社の口コミ、評判、感想を集めたサイトです。

旅行会社研究所

エースJTBとは?

エースJTB(株式会社ジェーティービー)

JTBの国内旅行ツアーの定番ブランドが「エースJTB」です(ACE JTBと書くこともあります)。日本を代表する国内旅行ブランドの一つで、そのぶん「高い」というイメージがありますが、そうとも限りません。

エースJTBの扱うツアーは幅が広く、高いプランから手頃なプランまでさまざまです。「激たび!」など、格安系のプランもあるほどです。

エースJTBの特徴

エースJTBのツアー内容は「添乗員付プラン」「フリープラン」「宿泊プラン」に大別できます。

「添乗員付きプラン」は高級ホテルが主体です。飛行機や新幹線、寝台列車を組み合わせたプランもあり、「安さ」よりも「旅のバリエーション」にこだわっている作りが特徴といえるでしょう。最近は国内の添乗員付きツアーは少なくなりましたが、エースJTBでは現在もバリエーション豊富に設定しています。

「フリープラン」は、往復の航空券・列車チケットにホテルを組み合わせたものです。最近は、エリア近辺の観光施設で使えるクーポンをセットにしたものが増えています。「宿泊プラン」は、文字通りホテルの宿泊予約のみです。

エースJTBであっても、「フリープラン」や「宿泊プラン」は、閑散期には、自分で手配するより安く旅をすることができるでしょう。繁忙期は安くありませんが、自力では確保しにくいチケットやホテルを予約してくれるというメリットがあります。

JTBは宿の「在庫」が豊富なので、お祭りなどのイベント時にも宿にありつけることがあります。自分で切符やホテルを確保できなければ、頼ってみるのもいいかもしれません。

エースJTBのシリーズ

「エースJTB」の中にもシリーズがあります。ベーシックなのは赤い表紙のパンフレット。最近は「個人型フリープラン」とタイトル付がされています。

そのほか、ファミリー向けの「わいわいファミリー」、格安系の「激たび!」「サンキューチョイス」などのシリーズもあります。

赤い表紙のプランは、「高評価の旅館を厳選し、眺望のいい部屋を確保、実際の料理をパンフレットに掲載する」といった品質管理をしています。他社や他のプランでは、料理写真や室内写真は「イメージ」で、実際と異なることも多いのですが、赤い表紙のプランはそうしたことがないように配慮されています。

これ、結構すごいことです。そのぶん、価格はややお高めなこともあります。

最近人気なのは「わいわいファミリー」というファミリー向けプラン。家族旅行に向けた宿を確保しているほか、家族旅行ならではの悩みに配慮したツアー内容で、子どもに体験させたいオプションも設定しています。

添乗員同行のツアーは「語り部と歩く」「ネイチャーガイドが案内」といった、専門的なガイドがつくものが増えています。こうした案内人が付くことで「高品質の旅」を演出しているようです。あるいは、お祭りの観覧席を用意したり、個人では行きにくい場所を入れたりといった工夫がされています。

一方で、たんなる物見遊山の添乗員付きツアーは、「エースJTB」からはほとんどなくなっています。そういうツアーは「旅物語」などの格安系ツアーのブランドから探すといいでしょう。

「エースJTB」の口コミ、評判、感想

前述したように、「エースJTB」の添乗員付きプランは、「他のツアーとはちょっと違う」を狙った設定が多いです。宿も高級旅館・ホテルが多いので、値段はやや高め。

ただ、「個人旅行で行くのに比べて極端に高いわけでもなく、値段は合理的」という意見もあります。格安ツアー全盛の時代ですから、それに比べると高く見えますが、じつはそれほど高価というわけではありません。

もちろん、「ゴールデンウィークやお正月といった繁忙期の設定価格は驚くほど高い」との声も。この時期は個人では予約が取りにくいため、JTBも強気なのでしょう。

同じ「エースJTB」といっても、フリープランはそれほど高くありません。「エースJTBなのに、福岡2泊で2万円台とかびっくり」との声も。フリープランはツアーのような独自性を出しにくいので、必然的に値段勝負!となるのでしょう。

JTBのフリーツアーは飛行機の割増料金が安い」という評判もあるようです。中小旅行代理店のフリーツアーは、早朝便などの利用は激安ですが、使いやすい時間帯の飛行機の割増料金が非常に高いのですが、JTBは割増料金が比較的安いのです。「結局、利用しやすい時間の飛行機で選んだら、中小旅行会社のツアーよりエースJTBのほうが安かった」との声も。

全体として「きれいなパンフレットのプランは割高」というのが一致した声。赤い表紙のプランは高品質を売り物にしているだけあって、確かに価格は高いです。一方、「激たび!」など、薄くて2色刷り印刷のパンフのプランを選べば、お得に質の高い旅ができるようです。

エースJTBの評判まとめ

激安ツアーとは一線を画し、一定水準のツアー内容を保証しよう、というのが「エースJTB」の基本姿勢といえます。ただし、扱うツアーが多く、各ツアーの性格も幅広いので、「エースJTBだから品質が一定とは限らない」ともいえます。

ただ、この「いろんなツアーがある」のがエースJTBのおもしろさといえます。飛行機や列車やバス、レンタカーを自在に組み込めるツアーもありますので、自分の思い通りの旅をすることができます。格安ツアーは選択肢が少ないぶん「お仕着せ」といえますが、エースJTBはこうした「お仕着せ」ばかりではなく、進化したツアーといえるでしょう。

また、添乗員付きツアーの場合、最少催行人員が比較的少なめなのはプラスのポイントです。

一方で、エースJTBは不評のコメントが多いツアーでもあります。「JTBという大企業に期待していることが大きいぶんだけ、期待に反していた場合の失望も大きい」という側面もありますし、「単なる割高ツアーじゃん」という辛口の意見もあります。旅行商品ですから、客の期待通りにいかないことはよくあることです。

要するに、「一定の品質は確保しているが、最高品質とは限らない」のがエースJTBといえるでしょう。

エースJTB
JTB国内ツアー
JTB国内旅館・ホテル

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP