トップ > クラブツーリズム



クラブツーリズムの旅行ツアーと口コミ、評判、感想

クラブツーリズム(クラブツーリズム株式会社)
もともとは、近畿日本ツーリスト (KNT) 渋谷営業所内の一事業部門。情報誌「旅の友」の宅配や新聞広告を中心としたメディア販売で成長し、2004年には近畿日本ツーリストから独立しました。その後変遷があり、現在は近畿日本鉄道の子会社になっています。2013年にKNTとの経営統合が実施され、KNT-CTホールディングスの子会社になりました。

その設立経緯からして、普通の旅行会社とはちょっと違い「客同士の交流の場=クラブ」として、客同士の仲間作りや生涯学習に貢献しようという理念をもっています。そのため、普通のツアーだけでなく、参加型、交流型のツアーも少なくありません。いっぽうで、メディア販売の格安ツアーも依然として人気です。

広告



クラブツーリズムの口コミ、評判、感想

参加者にリタイア組が多く、そのためツアー内容もリタイア組向け。「40代でも浮くくらい高齢者の多いツアー」という口コミもあるほどです。クラブツーリズム自体が会員制組織から始まっていて、メインターゲットは中高年なので、若い人向けのプランはまずありません。ということで、自分が若い、と思っている人はクラブツーリズムに参加するには早すぎるかもしれません。

一人参加限定の旅や、テーマのある旅などでは独自性があり、一般ツアーのコース内容もバリエーション豊富。ただ、日帰りバス旅行ではコース内容が多すぎて「予定時間内に消化しきれなかった」という声も。結果的に「20時帰着予定が22時になった」などということもよくあるようです。盛りだくさんはいいですが、詰め込みすぎはつらいこともあるようです

基本的には格安ツアーなので、「内容は値段なり」の声も多いです。添乗員は派遣型が多いようで、「当たりはずれが大きい」とのこと。

クラブツーリズムの総合評価

JTB旅物語、阪急交通トラピックスとともに「格安ツアー御三家」の一角を占める存在。安いだけでなく、仲間作りや生涯学習をテーマに据えてツアー作りをしている姿勢は評価されてよいと思います。最近は「どこに行くか」よりも「何をするか」というテーマのツアーが増えていて、そういう視点でツアー選びをしたほうが、利用者も楽しいでしょう。

新聞広告では「お得感」のある激安ツアーを前面に打ち出していますが、「ロイヤル・グランステージ」や「プレミアムステージ」といった、上級ツアーにも力を入れています。「バリアフリーの旅」「長い距離を歩かないゆったり旅」なんてのも。ターゲットが高齢者なので、安いだけでなく「ゆったり感」も大事にしている様子がうかがえます。

熱烈な利用者がいるいっぽうで、ツアーのノリに付いていけない、格安感いっぱいの詰め込みすぎの内容に疲れてしまう、という人もいる様子。ただ、詰め込みツアーばかりでないのがクラブツーリズムの最近の傾向なので、日程をよく検討してから選ぶとよいでしょう。

クラブツーリズム・国内旅行

クラブツーリズム・バス旅行

クラブツーリズム・海外旅行

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。