トップ > 阪急交通社



阪急交通社の旅行ツアーと口コミ、評判、感想

■阪急交通社(株式会社阪急交通社)
阪急阪神ホールディングスに属する大手旅行会社。主力のパッケージツアーブランドは「トラピックス」で、格安ツアーとして有名です。トラピックスは会員向け旅行情報誌「トラピックス倶楽部」と新聞広告で募集告知をする。大量の新聞広告を出していて、新聞広告出稿量はトヨタよりも多く日本一だとか。この戦略は成功し、いまや日本旅行を抜いて旅行取扱高は業界3位に躍り出ました。

広告



阪急交通社のツアーのブランド

リンク先には各ブランドの解説と評価が載っています。

トラピックス(trapics)
新聞広告を主体とした格安ツアーのブランド
クリスタルハート (Crystal heart)
「トラピックス」より上級のゆとりのブランド。
ロイヤルコレクション(ROYAL COLLECTION)
海外ツアーの最上級ブランド。ファーストクラス利用もあり。
イーベリー (e-very)
ホテルと飛行機がセットになったパッケージツアー。個人旅行向け。
阪神航空フレンドツアー
阪神航空から受け継いだ、高級ツアーのブランド。

阪急交通社の口コミ、評判、感想

阪急交通社はメディア販売が主力なので、電話での応対はしっかりしているようで、「応対は丁寧。物腰柔らかかった」との声が。不満が多いのは最小催行人員が多めのツアーが多いため、「お金を払ったのに催行されなかった」というような催行がらみのようです。

ツアー内容に関しては、もともと安いため、意外なことにクレームは少なく、みなさんある意味達観されているようです。各ツアーの口コミ、評判、感想に関しては各ツアーブランドの項をご覧ください。(上記リンク)

阪急交通社の総合評価

21世紀に入ってもっとも急成長した旅行会社が阪急交通社でしょう。阪急交通社というよりも「トラピックス」のほうが有名ですし、ほとんどの旅行者がトラピックスを利用しているので、ここでもトラピックスの話を中心にします。

トラピックスの特徴は大量仕入れ、大量販売で、店舗をほとんど持たずに低価格のツアーを実現させています。企画力も高く、短い日程に効率よく見所を入れていくツアーが多いです。

反面、食事やホテルは今ひとつとの評判も多く見受けられます。また、激安だけあって最小催行人員は多めで、人数が足らずにツアーが成立しないこともしばしばあるようです。

とにかく安く、なるべく多くの見所を回るがモットーのようで、これは一つのツアーのあり方でしょう。そのために犠牲になっている部分をどう判断するか。好みの別れる会社といえそうです。 熱烈なファンが多い会社ですが、肌にあわない、という人も少なくありません。

阪急交通社・国内ツアー
阪急交通社・海外ツアー

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。