トップ > 近畿日本ツーリスト



近畿日本ツーリスト(KNT)の旅行ツアーと口コミ、評判、感想

■KNT(近畿日本ツーリスト株式会社)
 近畿日本鉄道系列の大手旅行会社。JTBに次ぐ業界2位です。国内、海外ともバランスよく取り扱う総合旅行会社で、修学旅行の取扱いも多く信頼度の高い会社です。

ただ、JTBほどの商品構成の広さはなく、HISや阪急交通社のような格安路線にもなりきれておらず、これといった特徴がないのが残念なところ。

2013年1月に同じ近鉄系列のクラブツーリズムと経営統合しています。

広告



近畿日本ツーリスト(KNT)の旅行ブランド

海外旅行の「ホリデイ」と国内旅行の「メイト」が2大ブランドですが、あまりはっきりとした性格付けはありません。

ホリデイ(Holiday)
海外旅行の定番ブランド
メイト
国内旅行の定番ブランド。
クリッキー(Clicky)
インターネット販売のみの格安海外旅行ブランド。定番商品の「クリッキー」、価格を抑えた「クリッキーバーゲン」、観光を多く組み込んだ「クリッキープラス」、限定商品「タイムセール」、直近の在庫販売商品「直近セール」などのサブブランドがある。
Eパッケージ
インターネット販売のみの格安国内旅行コース

近畿日本ツーリスト(KNT)の口コミ、評判、感想

近畿日本ツーリストは、修学旅行などの団体旅行で強さを発揮してきた会社です。そのためか、個人旅行の商品開発力はいまひとつの観がありました。また、クラブツーリズムを分離したときにちょっとした経緯があり、インターネット専用商品の取扱いでも出遅れてしまっています。そうした理由で、個人旅行がファーストチョイスでKNTを選ぶ、という人は、それほど多くないようです。

それでも大手の信頼感はあり、「JTBと見比べて、良い方に行く」といった口コミが多く見受けられます。ツアーの中身に関しても「他社に比べて値段のわりに中身が濃い」「似たような内容なら値段が安い」と肯定的な声が。一定水準のものを手頃な価格で出していることがうかがえます。

店舗は最近は縮小気味で「近所のお店がなくなっていたので使わなくなった」「店舗が移転縮小して、スタッフの数も減ったみたい」といった悲しい声も。「スタッフの対応はフレンドリー」「マニュアル的でない客の応対がいい」とスタッフの態度は気さくなようです。

とはいえ、これは逆の意見もあり「客商売とは思えない口の利き方」「ツアーキャンセルのときの言い方が、さも当然、という感じで不愉快」などという声もあり。大手旅行会社はどこも同じですが、スタッフの当たりはずれはありますので、この人が信頼できないな、と思ったら店舗を変えた方が良いようです。

総じて、「業界二番手」「電鉄会社の子会社」だからか、良い意味でおおらかな社風が感じられます。そのため、客の相談にも親身になってくれるスタッフも多いようで、その意味では初心者でも使いやすい旅行会社といえます。いっぽう、格安航空券の手配など、個人旅行でパーツだけを買ったりするには、それほど使い勝手のいい会社ではないようです。

近畿日本ツーリスト(KNT)の総合評価

JTBに次ぐ業界2位とはいえ、個人旅行では存在感が小さいKNT。もともと団体旅行に強い会社なので、個人客の集客はあまり得意でない、という事情もあるようです。とはいえ、最近はネットメディアを使った商品を開発し、格安ツアーも拡充してきています。添乗員ツアーもアフリカや中米にも広げて、ニッチな市場を開拓しようとしている姿勢は評価できるでしょう。

ツアーの値段はいろいろあり、JTBに対抗した「2人並び席確約」といった質にこだわる一方で、トラピックスに対抗したヨーロッパ周遊ツアーを出したりしています。値段と品質のバランスを取って快適な旅を目指す、というスタンスのようです。

これぞKNT!というツアーの特徴がぱっと思い浮かばないのは残念ですが、JTBや阪急トラピックスのツアーとの比較対象にはなるでしょう。地味だけれど安くて質の高いツアーを出しているのがKNTです。

クラブツーリズムと経営統合後は、格安ツアーでJTB、阪急交通社と競争が激しくなりそう。切磋琢磨を期待したいところです。

近畿日本ツーリスト・国内ツアー
近畿日本ツーリスト・海外ツアー

※口コミ、評判は、当サイト関係者の利用した印象や、実際に利用した人からの感想を集めたものです。主観が混じっていますので、ご了承下さい。