トップ >パッケージツアーの選び方 >パッケージツアーのチェックポイント



パッケージツアーのチェックポイント

旅行会社のツアーのパンフレットには、あまりにも書いてあることが多すぎて、何からチェックしたらいいのかがわからない、というのが実情です。ここでは、パッケージツアーを選ぶ上で、基本的なチェックポイントをご紹介していきます。

広告



絶対に行きたいところが入っているか?

ツアーを選ぶときは、まずは絶対に行きたいところを決めましょう。

たとえばフランスに行くとしましょう。そこでモンサンミッシェルとベルサイユ宮殿は絶対見たい!といった希望があるなら、それが行程に含まれているツアーを探します。あるいは、京都に行くとして、大原三千院が入っているツアーは少ないですが、絶対に見たいなら、まずそれを優先することです。これで、ある程度ツアーは絞れます。

言い換えれば、ツアー選びをするときには、まず自分にとって「絶対に行きたいところ」を決めることからはじめる、といってもいいでしょう。

「ホテルの値段」が「ツアーの値段」

ツアーの質を決める大きな要素はホテルです。安いツアーは郊外のへんぴなところにホテルがあったりします。ホテルが郊外にあると、どこに出かけるにしても不便ですし、夜の散策も思うようにできません。

たとえば、フランスのツアーで「パリに宿泊」と書いてあっても、中心部までメトロで1時間もかかるような場所にホテルがあることもあります。国内ツアーで「東京に宿泊」とあっても、新小岩や北千住や蒲田だったりすることも。もちろん、そこが自分にとって便利な場所ならいいのですが、そうでないならば、できるだけ自分の旅の目的に沿った場所に近いホテルがいいでしょう。

ホテルの質もチェック

市街地にあってもひどい安ホテルだったりすることもあります。海外の場合は、安ホテルだとバスタブはありませんし、ベッドがへたっていたりします。国内であっても、安ホテルはバブル期以前の古びた建築だったりして、げんなりすることも。

パンフレットでは、「ホテル未定」「スーペリアクラス指定」などとなっていることも多いです。こういう表記は、安ホテルの可能性が高いので要注意です。

もし、「デラックスホテル」と書かれていても、激安ツアー会社の「デラックス」はJTBの「エコノミー」と同じだったりしますので要注意。旅の質にこだわるなら、泊まるホテルが決まっているプランを選びましょう。

質の高いツアーは、ホテルも市街地にあり、一定水準をクリアしたクラスに泊まれます。

海外ツアーでは、ポーターも大事

海外旅行では、重いスーツケースがありますから、ポーターは大事です。ホテルにチェックインしたとき、列車や船に乗るとき。ポーターが付くか付かないかは大きな違いです。ポーターが付かないツアーは、自分で荷物を運ばなければなりません。大きなスーツケースを持っていると、とても大変です。

ですから、移動の多い海外旅行の場合は、ポーターの有無も確認するといいでしょう。質の高いツアーなら、普通はポーターがつきますので、あまり心配する必要はありません。