トップ > パッケージツアーの選び方 > ツアーにはどんな人がくる?



どんなツアーにはどんな人がくる?

添乗員同行のパッケージツアーが楽しいものになるかどうかは、「添乗員」と「同行者」のあたりはずれがあります。優秀な添乗員にあたり、気の合う同行者に恵まれれば、楽しいツアーになるでしょう。反対に、添乗員が不慣れだったり、マナーの悪い同行者とあたると、ツアーは不愉快なものになるかもしれません。

広告



ツアーは「運」

身も蓋もないことを言ってしまうと、ツアーでどんな人と一緒になるのかは、「運」です。大手旅行代理店だからといって「上品な人」ばかりが参加者ではありませんし、中小旅行代理店だからといって「下品な人」にばかりとは限りません。逆もまた然りです。旅行会社や値段の違いと、ツアー参加者の「雰囲気」「属性」はリンクしません。

高額ツアーと激安ツアーの参加者は違う?

一般的にいって「高額ツアーには高所得者層が多く、激安ツアーには低所得者層が多い」ということはいえます。「高額ツアーに申し込んだら参加者はエリートのリタイア組が多く、話が合わなかった」などという感想を持つ人もいます。また値段の高いツアーには中高年が多いというのも事実でしょう。

一方、安いツアーは年齢層がばらつきます。安いツアーだとお金のない若い人でも参加しやすいので若者も多いです。だからといって若者ばかりにはならない、というのが、世の中の複雑なところです。

また、値段の高いツアーは、「極端に上品な人」も「極端に下品な人」も混ざるので、ツアーの雰囲気が微妙、という感想を漏らす人もいます。安いツアーは、たいてい「庶民的」で、「極端に下品な人」はいますが、「極端に上品な人」は混ざりません。

時期による参加者の違い

たとえば8月〜9月は学生のツアー参加がもっとも多い時期ですが、4月〜6月には学生はほとんど見かけません。4月中旬や5月中旬は社会人も休みにくい季節なので、参加者は必然的にリタイア組が多くなります。